こだわり美味しさを求めて

富士山ガーデンファームは、世界遺産富士山の麓、標高500mの須山高原にあります。雄大な富士山が目前に迫る自然豊かなところです。 春、平地より少し遅れて桜が咲き出します。 パノラマ通りの桜の並木越しの富士山、格別の美しさです。 夏は、木陰にいると暑さを忘れるほど心地よい高原の風が吹き抜けていきます。 秋はススキが浪打ち、彩り豊かな自然を味わえます。 冬には、彩り豊かな野菜たちの共演、美味美食の世界へ誘います。 富士山麓の遮るもののない須山高原で、日本トップクラスの美味しい西洋野菜を育て、消費者の皆様に、素材にこだわるシェフの皆様に、収穫体験の観光客の皆様に、ご利用いただきたいと 思います。

野菜の美味しさと香りは、品種と場所で決まってしまいます。 コシヒカリ、新潟県の魚沼産が美味しいのと同じです。 イタリアやフランスで修行したシェフの皆さんが、日本で初めて本場と同じ香りの野菜に出会ったと異口同音のように語ります。 富士山ガーデンファームのある場所は、富士山南東麓に位置し、野菜に大切な朝陽が日の出からあたり、愛鷹山からの乾燥した風が吹き抜ける日本の中でも美味しい野菜のできる特異地域と言えます。 ここで育つカラフルでアートのような野菜たちは、日本トップクラスの味と香りを持っています。 是非、富士山ガーデンファームの野菜を味わっていただきたいと思います。

カラフルな西洋野菜本場を超える美味しさ

気候・環境
富士山南東麓、野菜に大切な朝陽が日の出からあたります。
標高500m、昼夜の大きな温度格差が得られます。
愛鷹山塊を越えて、乾燥した風が吹きます。
スコリアを含む水はけの良い土壌、150㎜の雨の後でも、農園に入れます。
富士山からの美味しい空気ときれいな天水で野菜を育てています。


堆肥
象さんやキリンさんなどの大型草食動物の堆肥を大量に投入して、野菜を作ります。力強い野菜ができます。

ミネラル豊富な水はけ抜群の富士山火山灰土で、野菜を作ります。

コメント
Vegetable Frontierとして、試験栽培を繰り返しながら、この場所に適した美味しい野菜を選抜しています。
厳しい環境の中で育った野菜たちは、素晴らしい味と香りを持っています。

旬の野菜

1月から2月の野菜

赤ビーツ、オレンジビーツ、キオッジャビーツ、黒長ダイコン、
黒丸ダイコン、黒キャベツ、黄金カブ、紅芯大根、熟成安納芋

5月から6月の野菜

白ブロッコリー、紫ブロッコリー、アーティチョーク、アグレッティ、
イタリアンパセリ、アイスプラント

9月から10月の野菜

イタリアナス、カラフルトマト、黒長ダイコン、イタリアンパセリ、
ワイルドルッコラ、紫カリフラワー

3月から4月の野菜

熟成安納芋、赤ビーツ、オレンジビーツ、キオッジャビーツ
リーフチコリ

7月から8月の野菜

スーパーホワイトコーン、カラフルトマト、イタリアナス
イタリアンパセリ、ワイルドルッコラ

11月から12月の野菜

赤ビーツ、オレンジビーツ、キオッジャビーツ、黒長ダイコン、
黒丸ダイコン、黒キャベツ、黄金カブ、紅芯大根、熟成安納芋
紫カリフラワー

お客様へ

シェフの皆様へ

富士山ガーデンファームの野菜は、メールでご注文ください。
facebookでお友達のシェフの皆様は、メッセージでご注文ください。

消費者の皆様へ

野菜の生育情報は、facebookのタイムラインや美味しい西洋野菜のページなどで発信しています。
富士山ガーデンファームの野菜は、道の駅すばしり、東名富士川サービスエリア内の楽座などで販売しています。
野菜の収穫体験のお申し込みは、ジャラン、しず旅、メイルで、野菜の購入は、メイルでお願いしています。

旅行会社の皆様へ

野菜の収穫体験は、6月から12月まで実施しています。
お申し込みは、メイル、電話、ファックスで受け付けています。